1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 先輩紹介
  4. LA事業部経理事務職リーダー

LA事業部経理事務職リーダー

アットホームな雰囲気

現在は事務スタッフとして、弊社の賃貸仲介店「賃貸館」で経理業務と営業スタッフの補助をしています。前職から転職を考えたとき、未経験ながら経理をしたいと思っていました。そのため、職業訓練所でパソコンの演習と簿記を取るための勉強をしていました。このときの実地訓練として、賃貸館で研修を受けることになりました。周りのスタッフや店長が気さくに話しかけてくれたので、以前勤めていた大手企業とは違い、アットホームな雰囲気を感じました。研修が終わる頃、ちょうど経理スタッフを募集していると声をかけてもらい、そのまま入社し今に至ります。40歳を越えていても、未経験で正社員として採用してくれる会社は珍しいと思います。

働いている人を大切にしている

研修期間中に感じた通り、営業スタッフや店長が近くに座っていることが多く、役職関係なくコミュニケーションが取りやすいです。そのため、自分の意見や提案を伝えてそれを実現していくことができます。入社当日の朝礼で、社長の谷川が「働いてくれている人を大切にしたい。人を成長させる会社にしていきたい。」と話していたのが印象的です。それを聞いて、人を大切にしないと会社は大きくならないし、そう考えている社長がいるならよい会社なんだろうな、と感じました。実際、結婚しても働き続けたり、産休・育休を経て復帰したりする女性スタッフは何人もいますよ。

経理のリーダーとして

経理の仕事は、店舗で扱うお金を正確に管理することです。お金の動きを1円の誤差なく帳簿に記さなければならないため、月末に数字がぴったり合ったときは達成感があります。それから、営業スタッフからもお金の処理に関することで相談してもらえると嬉しくなりますね。今は書類のやりとりのルールを整えたり、リーダーとして新人経理担当の教育や負担が偏っている事務スタッフのフォローも行っています。そのため、自分の業務は先を読んで前倒しで進めることを心がけるようになりました。

店舗への貢献

経理の仕事がメインですが、営業スタッフが多忙や不在のときは来店補助をすることもあります。例えば、お部屋のご希望を簡単にお聞きして引き継いだり、鍵や書類の受け渡しなどを行っています。また、自分のスキルアップとして宅地建物取引士の資格を取得し、契約時の重要事項説明を行えるようになりました。その知識や店舗での経験もあってか、友人知人からお部屋探しの相談を受けることがあります。流れで賃貸物件を探している知人を賃貸館に紹介したり、時には友人の物件探しから契約までを1人で完結させたこともありました。今後も所属店舗や営業スタッフへ貢献できればと思っています。

自ら提案する姿勢を歓迎

営業・事務に関わらず、自分がこの仕事をしたいと思って入社したなら、積極的に考えて行動してほしいですね。企業理念の一つに「To The Next Challenge」とありますし、ルークスターでは自ら提案し挑戦する姿勢を歓迎しています。上司も一緒になって考えてくれるので心強いです。経理担当としては、お金を扱うため1円単位でこまめにチェックできる真面目な方がふさわしいと思います。それから、事務スタッフでも店舗に配属されることが多いので、お客様や営業スタッフとも明るくコミュニケーションができるとよりよいですね。

ページトップ^