1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 先輩紹介
  4. LA事業部エリアマネージャー

LA事業部エリアマネージャー

お客様と深く関わりたい

現在はルークスターの賃貸ブランドである「賃貸館」で複数の店舗を統括するエリアマネージャーをしています。一人ひとりのお客様に深く関わる仕事がしたいと思ったのが入社の動機です。前職はホテルのロビーサービスをしていました。ホテルでは、お客様の滞在期間に関わるだけですが、住まいの仕事は将来の生活を決めます。入社前のイメージ通り、同じお客様と何度もやりとりをする機会があるので、仲良くなり込み入った話も聞かせていただけるなど、お客様の生活設計に深く関わることができています。

コミュニケーションが取りやすい

前職と比べて、自由に意見を言える環境がいいですね。もちろんその代わりに成果を出さなければいけませんし、適度な緊張感も大切です。ルークスターに入社して良かったことは、先輩や上司との距離が近く、コミュニケーションが取りやすいことです。お互いが協力し支え合っていることが明るい店舗作りに繋がっていると感じています。ベテラン社員から直接指導を受けられるので、交渉や説明するスキルが上がりました。

部下を主役にする立場になった

管理職に就くまでは、自分が主役になるつもりで営業活動に専念してきました。ですが、今はエリアマネージャーとして部下を主役に成長させていく立場となり、試行錯誤しているところです。そのため、部下を信用してまずは一任し、失敗したときは一緒に改善していくようにしています。また、どこに行っても通用するスキルを身につける方法や、社内でステップアップしていける道筋を考えています。それから、上司からの指示を下ろすことはもちろん、部下の意見を聞きながら調整することにも努めています。今が一番悩むことが多いですが、その分やりがいも感じています。

今後、部下や自分に対して望むこと

ホテルマン時代の顧客サービスの経験は営業活動にも役立っています。ですので、部下にもこのスキルを高めてもらえるよう指導しています。たとえば対面したお客様への細やかな気配りや、些細な言葉や仕草などからご希望を理解する能力です。また、店長になりたての者や目指している者へは業法を意識してもらうため、宅地建物取引士の資格取得を応援しています。これを知っていることで、自然に誤らない判断ができ、より安心して店舗を任せることができるからです。このように部下が成長し、店舗運営が安定すれば、私自身も賃貸仲介以外の賃貸管理や売買などの業務にも力を入れたいですね。

自分次第で変えられる環境

まずは、元気があり挨拶ができる人に来ていただきたいです。それから、お客様の話を理解し提案する仕事なので、質問の意図を理解して対応できる力があると、なお良いですね。ルークスターは大企業と比べると社員数が少ないので、意見が通りやすく自分が存在する意義を感じられるはずです。理想と現実は違いますが、その中でも楽しさを見つけられると思います。現実をいかに自分の理想に持っていけるかが鍵になると考えています。自分次第で変えられる環境なので、覇気のある人はきっと活躍できます!

ページトップ^